ウエディング専門学校で掴む夢への第一歩

ウェディング専門学校についての情報がいっぱい!

ウェディング専門学校の授業内容について

ウェディング専門学校の授業内容について ウェディング専門学校は、結婚式に関することをトータルに勉強できるところではありますが、実際にどのような授業が行われているのでしょうか。
実はウェディングについて学ぶことは数が多く、ウェディング専門学校では、その学びたい目的に合わせてコースが分けられていることがほとんどです。
授業内容としては、ウェディングをプロデュースするための勉強があります。
一般的な流れや最近の動向を踏まえた内容となっています。
またウェディングで使用する照明や映像、お料理などの勉強もあります。
もう一方で、今度は直接花婿・花嫁とかかわるための勉強もあります。
例えば、ヘアメイクを施すこと、ドレスの着用などのスタイリストなどです。
どれをとっても奥が深くすぐに習得できるものではありません。
その時の社会情勢や経済的な事情、さらにその土地による風習なども加味されることも多いので、実際には勉強することは多岐にわたりますし、実習などで身に着けていかなければいけないことも数多くあります。

ウェディング専門学校の時間割の詳細について

ウェディング専門学校の時間割の詳細について ウェディング専門学校は2020年6月時点で、全国に計210校があります。
そのすべてが全日制となっており朝9時から昼15時までの6時間授業です。
時間割であらわすと6コマ授業となり、冠婚葬祭に関する講義・婚礼史・スピーチ講習・着付け・ヘアメイクと多岐にわたる学習をするのがウェディング専門学校です。
専門学校の中で週5日の6コマ時間割というのはスケジュールではかなりハードですが、それだけウェディングプランナーになるための必要な知識が多いという裏付けになります。
ウェディングプランナーの場合、結婚式の進行だけでなく事前の打ち合わせにも気を配る必要があります。
この打ち合わせでは結婚の日取りを決めるのに打って付けの吉日の見極め方と意味を知り、縁起の良い品物を取り揃えることもします。
話し方も上品且つ明瞭な言葉を使わなくてはいけないので、ウェディングに関することから礼儀作法までさまざまな知識を2年間の在籍期間で学ぶ必要がある分野です。

Copyright © 2020 ウエディング専門学校で掴む夢への第一歩 all rights reserved.